SFA(営業支援システム)

SFA(営業支援システム)

SFA(セールス・フォース・オートメーション)は、ITを活用する事によって日常業務を支援し、営業のスピードアップを計り、生産性を高めることができます。
見積書や提案書を効率良く作成し、営業担当者の顧客訪問計画や日報作成、行動管理など、営業担当者だけでなく従業員全体の活動データを一元管理する仕組みです。

SFA導入の狙い

SFAはあらゆる日常業務に対して導入する事ができますが、特に営業力強化の目的に絞り込んで利用したほうが、無駄な機能により操作が複雑になることもなく、誰でも手軽に利用できる営業支援システムとなります。
利用者側、運用側、開発側それぞれにとって使いやすいものであるよう心がけ、開発→評価→設計を繰り返して少しずつ機能を充実させ、新しい目的の為に新規機能を搭載していくことがスムーズな導入につながります。

利用者教育と運営サポート

SFAを利用する担当者が多ければ多いほど導入教育が困難になりますが、ジェイテンネットではスタッフ育成コンサルティングやIT講習を得意とするスタッフが、利用者に対し親切丁寧に操作説明と有効な利用方法について教育いたします。

また、SFAはスパイラル型開発手法と呼ばれる方法で開発され、徐々に内容を深めてシステム化する範囲を広げながら開発を進めていく性質上、導入後のサポートは非常に重要な役割を持っています。
問題点の収集や改善案、故障時の緊急対応も必要で、問題点の発見から次の段階の開発へと、設計と開発を繰り返すプロセスが重要とされます。