LPO(Landing Page Optimization)

LPO(Landing Page Optimization)

ランディングページを最適化し、途中離脱などの無駄を抑えてコンバージョン率を高める手法です。
SEO/SEMだけでなく、さらにLPOを取り入れることにより広告効果が高まります。

たった8秒間で訴求するLPO

ネット広告(検索連動型広告・アフィリエイト広告・バナー広告等)だけではなく、紙媒体広告やテレビCM等を利用したクロスメディアプロモーションも含めて、ユーザーが最初に訪れるランディングページの存在は、重要な役割を担っています。

欲しい情報を探しているユーザーが、ランディングページで目的とする情報の有無を判断するのに要する時間はおよそ8秒と言われており、この間に訴求できなければすぐにそのWebサイトを離れて検索行動に戻ってしまいます。

せっかくSEOやSEMでアクセス数を上げても、ランディングページから離脱されてしまっては、その先のコンバージョン率を上げることはできません。
しかしこの場合、「短時間で効率的に情報を伝えること」ができれば、ユーザーが目的とするページへスムーズに誘導でき、コンバージョン率を上げることができます。

「短時間で効率的に情報を伝えること」これを可能にするのがランディングページの最適化です。

LPOでコンバージョン率を上げる

視覚的効果を高める

情報全てが大量のテキスト文字で書かれているページはユーザーに抵抗を感じさせますが、イラストやイメージ画像を使用することにより文字数を大幅に減らし、情報をより視覚的に理解できるランディングページであれば、直感的に内容を理解でき、より効果的に情報を訴求する事ができます。

離脱してしまいそうなユーザー対策

ユーザーにとって、ランディングページの内容がニーズと一致していない場合でも、サービスを分かりやすく伝えられるナビゲーション、関連性のある情報の掲載、検索機能の充実等、ニーズとの関連性を見つやすい仕組みが用意してあれば、欲しい情報が無いケースでも同一サイト内のサービスへ遷移できるので、サイトからの離脱を防ぐことができます。

エリアターゲティングにより訴求力アップ

ユーザーの地域の絞込みや検索キーワードごとに掲載情報を絞り込んだランディングページを作成する等、ユーザーのターゲットと掲載情報をより最適化することで、訴求力がアップします